ひょくちゃんにハート盗まれました - DONGHAE & EUNHYUK JAPAN TOUR 2014

私はSUPERJUNIORを好きになったとき、ヒチョル・ウニョク・キュヒョンで迷った結果キュヒョンペンになりました。

というわけで元々結構好きだったひょくちゃんが福岡にくる!

でも、今回のツアーで福岡は3日公演だったけど、私はキュヒョンペンだから、ウネツアーも1公演でいいや…と…思ってた。

 

ところがどっこい。

 

2014年3月17日(月) 22:02

ひょくちゃんにハート盗まれました

 

当日のツイートより原文まま載せますと、

『ひょくちゃんかっこよすぎるよーーーそして可愛すぎる!\(^o^)/ソロやばいよーーー自分の目に録画機能が欲しかったよううう(;O;)ほんとひょくちゃん私のハート持っていった(;O;)

頭の中でドラゴンボールの”DAN DAN 心惹かれてく~その眩しい笑顔に~”て曲が止まらないんですけどどうしたらいいの?これが恋?』

…との事。脳内再生される曲のチョイスがアラサーすぎる。

 

そしてその30分後には、次の日のチケット探していました。

 

まぁとにかくソロ曲の「WITH YOU」がドツボでして。

色白、華奢、でも綺麗な筋肉、ダンス上手い、前髪あり、キャップ、最高じゃねーか!ってなったわけですね。

結果3日間共入ったからね!勢いってこわいね!!

 

ライヴの感想としてはウネのウネによるウネペンのためのライヴではあるんだけど、2人が楽しんでるのがめちゃめちゃ伝わってきて結果的にはウネペンじゃなくてもなんかすっごく楽しいわ!!!って感じました。

ただただ楽しかったよね。ダンスが上手!とか今更すぎるけどさ、ただ、もう、ひょくちゃんが楽しそうなところを見られてわたしも幸せだよ!と思った。

 

そしてウネといえばK-POP界で唯一「シンメ」感のあるコンビと(私の中で)話題。

SUPERJUNIORのパフォーマンスでも、2人が2TOPポジションにくると(私が)沸き立つわけですが、この2人ほど「”友達”感」と「”仕事上の相棒”感」が出てるコンビは見つけられないです。

これ両立してるコンビはじゃにーず界にもなかなかいないよ?剛健くらいだよ?

仁亀とか藤北とかみんな後者だけだからね!それはそれでとてもアツいんだけど別のお話!

アイドルというコンテンツになりきって完璧に演じきっているパフォーマンスも大好きだけど、でもウネはそーいうのじゃなくて、2人にとってあの場が、相方とファンと作り上げる特別な空間だからこそ、ドンヘペン・ヒョクペンじゃなくても単純にみんなが「楽しかった!」って帰っていくのかなーっと思いました。

そういう意味ではウネにもてなされた感じあるかもね。ウネ主催のパーティーに参加した感じかも。